<< 若さの秘訣 | main | Memories of rainbow >>

☆電車女様のブログ☆

2012.09.19 Wednesday | by MIYAGI STAFF
 
皆さま、こんばんは!

またまた登場のC2です!

いい加減ウザい思われてるとは思いますが、
司会なんだから仕方がない!

私がこのブログをまとめなければ、
自由すぎるMIYAGI STAFFの統率がとれません!

既に取れてませんが…

そのような状況をお察し頂いたのか、
またまた読モならぬ読ブ(読者ブログ)に投稿がありましたよ〜!!

では、ご紹介します!

******************************************************************

電車に挟まれる・・私もありました。
  
 
友人二人と寿司パーティーと意気込み、駅の階段を駆け下り、先頭の私がホームの電車に身体半分入れて、続く二人を迎え入れる作戦でした。
 
以前なら待ってくれていたのに、無情にもドアが閉まり、私の腕と鞄は挟まったまま。
 
必死で引っ張り何とか抜けたものの友人二人はホームに置き去り。
 
この騒動に車両中の眼が私に一点集中
 
しかも通常の車内アナウンスに加えて、車掌さん自らの
「駆け込み乗車はおやめください」とこれでもかのアナウンス!! 

もう許してよ(涙)

  
電車通によると、あまりに駆け込み乗車が多いので、あえてドアを閉めるのだとか。
 
生贄となったのか、はたまた撲滅キャンペーンのモデルに選ばれたのか(笑) 
 
 
迷うことなく次の駅で降りて置き去りの二人を待つつもりが、
 
「待てよ・・ここで降りたら、たった一駅乗るためにこの騒ぎか!」
 
と余計に周囲の怒りをかってしまうという考えが突然頭をよぎり、結局5つ先の目的の駅まで行くことに。
 
 
それにしても身体のあちこちが痛い。
 
腕を見るとドアの跡がくっきり真っ黒に、しかも擦りむき流血。ストッキングは伝線どころか穴が。
 
 
こんなことならやはり降りるべきだったと後悔しつつ、見るも無残な姿のまま、ずっと視線を窓の外に向け、
 
恥ずかしさをこらえてようやく目的の駅に。長かった〜
 
  
ようやく辿り着いた寿司屋の大将に、
「この新鮮なネタも握ってよ!」
と懇願した私でした。
 
 
by 電車女^^;

****************************************************************

・・・・・・・・。

電車女さん・・・・・・。

誰がうまいこと言えと(笑)

しかも、ネタが電車縛りとは!!!!

この後に続く人のハードルをまたしても上げましたね!

もちろん、電車女さまにも「何か」をお送りいたします。

って、何にしよう・・・

宮城さん、見てたら「何か」下さい。。。<(_ _)>


このハードルを越えるネタはあるにはあるけど到底披露出来ないC2でございました。

それでは皆様おやすみなさいませ☆彡

Recommend
Powered
無料ブログ作成サービス JUGEM